読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は座席で安楽死。

観る→考える→想う→書く。

【ライブ】みんなで!ドルフェス2015

LIVE/コンサート

みんなで!ドルフェス2015

f:id:ka_ri_ng:20151020215315j:plain:w300
@TSUTAYA O-EAST
2015年10月14日・15日

http://www.nelke.co.jp/stage/dolfes2015/


ウィンタートリップぶりのドルステ現場、14日の20時回のみ。
ペンラは何色を振ったらいいんじゃー!とかいいながらノリノリで紫をぶんまわす。
アイドルたちもねずみたちもかわいかった!きらきらだった!

ライブについて

プレゼント◆5はアキラくんが好きなので、せっかくならばアキラくんがいて5人揃ったところがみたかったな~と思ったのだけれど、時間の都合で14日20時回に参加。
始まる前にテンマ先生の声がしたのでおもわずギャッと叫ぶものの、登場はなし。まあそらそうだ。

しっかしこんなに安全なO-EASTは初めてみた、びっくりした。
普段「座席番号」がある人達がたくさんなんだなあと思ってしまった。嫌とかじゃなくてなんかものすごいカルチャーショック。でもひたすらに安全で平和。
私の周りがそうだっただけなのかもしれないけれど、1人1人が広々と場所をとっているし、柵後ろにいる人が多かったからか、柵前が妙にひろびろとしていた。
私はライブの時は「よく見える」よりも「一緒にさわぐ」方を優先してるので、まあ見えなくてもいいか~と友人と一緒によりステージに近い場所へ。

基本的にドルステに関しては周りに好きな人がたくさんいるので知識は強いけれど、きちんと現場にいったのは去年から。
今回はピューロから飛び出たねずみ男子(ジェラルド)を応援しにきちゃうぞー!みたいなノリで参加という私についてのどうでもいい知識。
私が見ていない15日のラスト回でプレゼント◆5についてはいろいろと大きな告知があったのだけれど、そこに関しては私は本当に何かを言ったり考察するほど彼らについて詳しくなければ追いかけてきた訳でもないので特には触れず。
そんな彼らが作ったライブが「楽しかったよ!」という事を記録しておければなあと思い、楽曲ごとの感想をぱらぱら。

Big★Bang

これがCHaCK-UPレギュラー陣なのだ……
メンバー紹介ソングがあまりにもまとまりすぎてて7人目のことを忘れないでね!という気持ちになりつつも、まあでも逆にいないことを「いない」と毎回言われるのも悲しくなっちゃったりするおたくなので今回は6人編成でやってます!という感じが私は心強かった。
またミミタくんが起きてきたら7人編成のこの曲聞きたいな~。

RAIN DANCE

ETLに参加してないので初見
きらきら笑顔で踊るヴィーくんは本当に宇宙人アイドルですばらしかった。
ヴィーくんのダンスについては後述。

RISE―5番目の季節―

ドットくんメインの新曲。テニスのキャラソンみたいだな~って思った。
始まる前に友達に「忍足っぽい」って言われたけど確かにそうだった。
なんていうかテニスのキャラソンみたいだった。(雑な感想)

好きさ君が好きさ~三日月メドレー

この曲が本当に好きで好きで困った。なんだろう信号機カラーの3人組ってだけで妙にテンションがあがるし、さらにこの楽曲って本当に!もう!歌ってくれてよかった!!!
三日月を以前私がみたのは、確か去年のネルフェスぶりなのだけれど、びっくりするほど全員のきらきら度合いが上がっていてびっくりした。
特に要さまの放つオーラが格段とあがっていらして、今目の前にいるのは国民的大アイドルの三日月さんで、ここは東京ドームなのでは?みたいな錯覚を覚えた。
祐さまの確実にしとめる包容力のあるファンサ、要さまの抱きしめるように一撃が大きいファンさ、順くんの愛をふりまくファンサ、バランスよすぎてもうなんかすばらしかった。

YOSSHA!!

開演前のナカシン様の「ペンライトは胸の高さでね」を守りきった結果、拳突き上げられない問題が勃発。
正直この曲は学級会に発展してもいいから思い切り拳突き上げたかったけれどやっぱりそこは流石にアレなので心の拳を突き上げといた。
大きい声出せるのって楽しいよね~。

VITAMIN LOVE

うわさのカモ虎課長をはじめてみた。(WTはアルスマグナがゲストの日だったので。)
おっおおおーーこれが…これがあのうわさの……みたいな感じでテンションがあがりつつ、懐かしい楽曲に身を任せていたら終わってしまった。
こどものおもちゃ、体調を崩して行けなくなってしまったのでここで聞けてよかった~。

しっぽのきもち~ちっちゃな英雄メドレー

ウッウオー!!!ジェラルド!かわいい!!しっぽしっぽ!!
よくよく考えてみれば「ねずみ男子」たちはAWの子達ではないしお友達もいないので、昨年のネルフェスでアイドル達とテニミュキャストが共演している時みたいな不思議な気持ちになった。
更には普段はピューロで行われていて、普段はフェアリーランドの椅子に座って観ているキャラクター達を、O-EASTでスタンディングでペンラを振りながら見ているってもっと不思議。
しかも14日に見たねずみ男子たちのほとんどはもうフェアリーランドに行っても会えない訳で、なんかつくづくねずみ男子は不思議な立ち位置だな~とかぼんやり考える暇もなくジェラルドがかわいかった。(坂垣ジェラルドはアイドルみがあると思うのでナイスだったと思う。)
O-EASTでジェラルドがキノコを持ってきて沸く日が来るとは思わなかった。
あと20時回で誰かがジョージの名前を呼ぶ前のくだりをピューロ仕様にしてしまっていてほほえましい。

ON TOP!

ドリライ跡部様ソロみたいなアレンジがかかっていて、ここは渋谷だし、酒を煽りながらグルーヴに身を任せて踊っても許されるのでは?と思ってしまった。
ON TOPトリオが好きなので、1人だけ入れ替わってるとやっぱり!寂しいね!

Joker Game

キャップとジュジュくんがメインの新曲。めっちゃ好き。
名探偵コナンみがあるイントロからのどうみてもタッキー&翼ですありがとうございました。
熱くヴィーナス!燃えてヴィーナス!といわんばかりにヴィーくんがすごかった。
今回はじめてヴィーくんのダンスを思いきり見たのだけれど、彼は凄いと思った。
なんというか物凄くダンスがうまいというわけではない印象なんだけれど、「その楽曲が求めているニュアンス」を理解したうえで「そのニュアンスを自分なりにどう表現するか」という事をとてもとてもつきつめていて、指先から表情まで使ってそれらを表現していたので、物凄く見ごたえがあって楽しかった。
今まではにこにこ!かわいい!きらきら!という印象ばかりだったので、セクシー要素が入った途端に目が離せなくなってしまった。よいものを見た。

シャッフルコーナー

ペンラの色を切り替えるのがひたすらにあわただしかった。しかももうあっちもこっちも色々おきてて頭が追いついていない!

「夜空」
尊くんとナカシンさまに白色を振っていて、嬉しそうな顔のお客さんが沢山いたのがなんか嬉しかった。白の中に時々あるオレンジが綺麗だった。

「Check in and Go」
かなり大好きな楽曲なのだけれど、ジェラルドが出てきた瞬間に吹っ飛ぶかと思った。い、いやーーー素敵すぎる!
15日はジェラルドはこの曲にいなかったそうなので、そういう意味でも引きがよかったね!と思うことにした。

「初恋シチュエーション」 
みんなのわくわくお母さんと一緒タイム!!!
久々に見た気がする?最後にこの曲を聞いたのはどこだ?安定のアイドル力のカンストっぷりにもうなんでもいいからこの曲はもっと色んな組み合わせでもっと色んな子達に歌わせてくれ!!という気持ちに。

「Thank you for…」
フー!って言える楽曲って楽しいよね。やっぱりスタンディングのライブハウスではアップテンポの曲の方が私は楽しいかもしれない。

「ハッピーパンケーキ」
ものすごくサンリオみがあった。ていうかもう「ぐりとぐら」の世界観すぎて、一緒に見ていた友達に5回くらい「ぐりとぐらだ!!!!」と言ってしまった。ぐりとぐらだった。ぐりとぐらだったんだよ。

冬のバースデー

WTで聞いたっきりかな?しっとり系の曲がくると「そろそろライブも終わりなんだな」と思わされるのもあり、とたんに心がぎゅっと締め付けられたけれど、ユッキーのふわふわ笑顔にとっても癒された。
今の季節がいつかわからなくなりそうで、一緒にいた時間はさほど長くないのだけれど、何故か色々ドルステのことを思い返したりしてしまっていた。

アルタイル

ドルステの曲って「その子達」のことを歌っているような歌詞でありながらも、「大衆的」であったり、「アイドルとお客さん」のことを歌っているようでもあり、本当に歌詞のセレクトが秀逸だなあと思うのだけれど、今回のこの新曲はあまりにもずるいなあと思った。
私はとてもとても好きな曲だったのだけれど、歌詞が良すぎてペンライトをうまく振る事ができなくて、静かに耳を傾けていた。
15日ラスト回の演出についても聞いて、いろんな意味を持たせながらも、それらが全部うすっぺらくならない言葉を使って歌詞を紡ぐのって凄いなあ~としみじみ。

いつもサンキュー

ジェラルドがふりを間違えていてかわいかった。(この辺りで記憶がどこかに飛んでいったのでこれしか感想がない。)

Dolly Days

タオルかえばよかった~~~!!!と思ったけど手元にはタオルがなかったのでペンラを邪魔にならない程度にふった。
この新曲はとても!よい!楽しい!
「いつもサンキュー」は大好きなのだけれど、ちょっとしんみりしてしまう所があったので、もう完璧お祭り騒ぎで楽しい!ワイワイ!みたいなアンコール楽曲が追加されて、かつこの曲が今後も歌われていくのかな~と思ったら嬉しかった。
ただ「タオルを振る」という行動は通常のドルステ現場では中々難しいので、私はいつリベンジできるやら。

まとめてきな何か

今回のライブは沢山のユニットがいたけれど、大半がうえの&大石コンビの楽曲だったのでものすっごく統一が取れていたように感じた。
ライブ自体の世界観が一緒というか、いわゆる「対バン」ではなくて、どこかでつながっている同じ世界観の中にいる、別の物語の子達が集まったライブなんだなあと思わされた。

私の周りにはドルステに一生懸命な友人が複数いるので、やっぱりまあ15日が終わってから色んな感情が動いてはいて。
ひとつのグループ、人、作られたものが動いているときって、いつだって「進んでほしい人」と「止めてほしい人」に分かれていく。
私も今まで色んなところで色んなものを見てきて、色んな思いをしてきたからこそ、彼らを一生懸命追いかけて来たオレンジ、リボン、アムール、チャームの気持ちには絶対になれない。
なれないからこそ本当に蚊帳の外に出てしまっているけれど、それでも私の周りの人たちがにこにこ笑顔で「楽しかった!」と言っていて、そんな蚊帳の外の私もとっても楽しかったので、やっぱり楽しいライブだった。
久々のドルステ現場だったけれど、参加してよかった!

ねずみ男子はこれからどうなっていくのか気になるのでまだまだ観ていたいな~と思いつつ、私はキャストを推しているというより「ジェラルド推し」という完璧にキャラ厨をこじらせているので、まあおとなしくフェアリーランドにいると思う。
というよりピューロから飛び出たねずみ男子を強く追いかけられるかというとそこまでの元気はないのかな……どうなんだろう。今後の展開が自分でも解らない。
坂垣ジェラルドと磯村ジェラルドにもう会えないのか寂しいくらいに彼らはかわいかったし、けれど新しい小波津ジェラルドも、平井ジェラルドもめちゃくちゃ推せる。
絶対に戦争になるのが目に見えてるのだけれど、ピューロのパレードに1日くらいねずみ男子がまぎれててもいいのにな~~~と欲深いから思ってしまった。
ラッキーハッピーエブリデイ踊るねずみ男子が見た過ぎる問題………。

次のドルステ現場はどこかな~。CHaCK-UPの新作は観にいきたいとは思ってるのでそこかな。またペンラ振るの楽しみ!