夢は座席で安楽死。

観る→考える→想う→書く。

【LIVE】one's wishes-D 1周年記念ライブ

one's wishes-D 1周年記念ライブ

f:id:ka_ri_ng:20160202211153j:plain:w300
@サンリオピューロランド ディスカバリーシアター
2016年1月31日

http://www.puroland.jp/2015_daniel_danceunit/

サンリオが誇る最強のイケメン、ダニエル・スター様がキティちゃんにもっとかっこいいと思ってもらうために結成したユニットone's wishes-Dの1周年記念ライブ。
楽しそうなものにはドンドコ参加するスタイルなので友達と一緒に元気に参加。
チケットを取った時はこんなにピューロに通ってるとはおも……いや、既にその時通ってた。嘘だった。

one's wishes-Dとは?

上述の通りにダニエル様がキティちゃんにもっとかっこいいと思ってもらうために仲良しのRYUMA(吉田龍馬くん)ATSUTAKA(宮崎篤臣くん)を従えて結成したユニット。
ピューロでDE(いわゆるダンサー)をしているほがらか笑顔の高身長宮崎くんとちっさめクールビューティー吉田くん同士もとっても仲が良く、ビジュアルバランスが最高に整っているのでピューロが誇る最強イケメン2次元ユニットだと思っている。
これまでのダニエル様の2人の挑戦は下記のページに公式が病気な感じで掲載されているので良かったら。
http://www.puroland.jp/2014_daniel_kabedon/index.html
踊ってみたとかもしててかわいい。大体こんな感じのユニット。
www.youtube.com

ちなみに私は愛をこめて「ナンタラD」と呼んでいる、ズが2回つくのがどうにもこうにも言いづらい。あとこのレポの中では「ダニ様」「宮崎くん」「吉田くん」表記で統一。

イベントレポぱらぱら

ざっくりの流れとMCのぱらぱらレポくらい、間違ってるとこ多々の予感。
当日の2回目のパレードが16時55分に終わるのに、17時15分開演は絶対に押すだろ!と思ったら案の定5分くらい押していた、まあそうなりますよね。
当日は14時開始の物販が比較的戦争になっていたし、物販列が長蛇の中、当の本人たちは物販の宣伝をしにビレッジ(ピューロの中央のパレードやるところ)に出てきちゃうわでもうてんやわんや。
500円で1枚のチェキが飛ぶように売れるし、ダニ様のユニットのはずなのに宮崎くんと吉田くんの2ショとかばかすか出てるからピューロは何かをよくわかってるんだと思う。

OP→what makes you beautiful(One Direction)

ナンタラDのテーマ曲みたいな奴。最初の登場は赤と黒の衣装。
ディスカバリーシアターのあのウルトラ解像度が低いスクリーンに今までの写真が流れてライブ始まりますよ~という空気で3人が登場。黄色い歓声がびゃーびゃー飛び交う。
「いえーーーい!皆でもりあがっていきましょーーー!」と叫ぶ宮崎くんと吉田くん、やっぱり若干声量が足りないのが人間みがあって私は好きだ。
そのままMCとかなく2曲目へ。えっなにそっちのワンDなの!?と混乱するけど多分良くやってるのか?
3人がわちゃわちゃと踊っているのをはじめてちゃんと生でみたんだけれどとってもかわいかった。

MC

「みなさーん!こーんばんはー!」\こーんばんはー!!!/みたいな流れからスタート。
今日はワンズのアニバーサリーライブに来てくれてありがとうございます~わーいわーいみたいな。
吉田「みてよ2人とも~満席だよ!立ち見もあるよ!!みてよすごいきらきらしてるよー!!(ペンライトの事)」と大はしゃぎの吉田くん。
ついにグッズ作っちゃったよーとニコニコの2人だけれど、如何せんこの2人のアドリブ力というかトーク力が低いので物凄いゆったりした独特な空気が流れててそのアットホームさにあてられて死ぬかと思った。キレキレのダンスに反してゆっるゆるのトークである。
宮崎「ここにいる人達は僕たちのこと知ってここにいると思うんですけど」という中々強めの発言が飛び出てちょっと笑ってしまった。この辺りで汗だくだくの宮崎くんが下手側に用意されているタオルを自分の分だけ持ってきて汗を拭きはじめる。
「ワンズのライブはじめてきた人~?」みたいな流れで結構ばしばし手があがる。2015年9月~今回までに結構人は増えたんじゃないのかなーと思う。漏れなく私もその内の一人だし。
新規のお客さんが沢山いる事に対してやったーやったーと喜ぶ3人。最後まで一緒に盛り上がりましょ~!と言ったところでダニ様が下手側にひっかけてあるタオルを2枚(自分の分と吉田くんの分)を取ってきて吉田くんに渡してあげて、客席から「優しい~!」と言う声が飛び交いまくり。
吉田「さっきからずっと一人だけ拭いてんだよなって思ったんだよね」と宮崎くんにイヤミを飛ばしていた。
ここではじめて自己紹介「ATSUTAKAですよろしくおねがいしますー!」「RYUMAですよろしくおねがいします!」「リーダーのダニエルです!!!ワンズに会いに来てくれてありがとう~!!」という流れなのだけれど、ダニ様のおしゃべりと宮崎&吉田のおしゃべりが若干かみ合わなくて客席からじわじわと笑いが。

ギガンティックO.T.((ゲスト:鎖音プロジェクト)

宮崎「去年ニコつくっていうイベントにでて鎖音プロジェクトさんって方々となんとなく雰囲気で友達になりまして」
吉田「はじめて鎖音さんたちみた時びっくりしたよね、なんてか面白いっていうか…」
というゲストを呼び込むにはどうなんだというトークをぶちこんでくるの凄かった。
ぐだぐだとトークをしていると鎖音のマツさんがステージ上に突撃してきて「段取りと違う事やるのやめてくださいよ!!!」と本気で怒る吉田くん。
「もうじゃあこの後は鎖音さんにお任せするんで、またあとでね~」といってはける3人。
鎖音さんの登場に対してわりとポカンとする客席。久々にニコニコの人のパフォーマンスみたかもしれない。結構ガチでいたそうなパフォーマンスが続いていた。

ナントカカントカささやかなお返し抽選会

来てくれてありがとう、だっけ、なんか長いタイトルだった。
つなぎスタイルで再登場の3人。台本通りに動きすぎてとっとと鎖音さんたちをステージ上からはけさせてるのが物凄いツボに入ってしまって笑ってしまった。
ボックスの中にチケットの半券が入っていて、そこから半券を引くので当たった人にワイドチェキをあげるよ~という企画。
宮崎「ボックスを引く順番は僕、RYUMA、ダニエルね~」と説明している間に吉田くんとダニ様が何かわちゃわちゃと遊んでいて話を聞いておらず「おい!話聞いてた!?」とキレる宮崎くん。
吉田「聞いてた聞いてた」
宮崎「じゃあ確認すっからね?一番!」
吉田&ダニ「2番!」
宮崎「待てよ(めちゃくちゃドスがきいてて怖かった)」
ダニ様がまちがえちゃった~3番ね!3番ね!と言うのにも関わらず立てている指の本数が2本になっていて、「3ね!3ね!」と宮崎くん吉田くんが必死にフォローしていた。とてつもなくグダグダしていたが客席からはかわいー!かわいー!が飛び出る。
宮崎「僕から引くけど、当たっていらないからってその場で交換とかナシね」
吉田「外に出てからやろう、見えないとこでやって」
という中々エッジのきいたことを言っていて、なんだろうこの2人のトークの回し方が独特というかグダグダなわりに言ってる事がブラックと言うか失礼と言うかでツボすぎて辛い。

トップバッターで宮崎くんが半券を引くも、チケットの裏表かなにかを間違えて「どこだよこれ」と混乱する宮崎くん。客席全体が「なんでだよ」という空気に包まれる。すごい、不安しかない。
宮崎くんが「たったた~」という当たった時の音声をセルフで流しつつ、ワイドチェキを袋に入れてお客さんへ。「袋に汗ついちゃったごめんなさい!」とタオルで拭いていた。汗すごい。
2番手吉田くんが抽選箱からチケットの半券を引いて「えーーーーーと…???あっこれ逆だった」と混乱する、お前もか、お前もなのか。宮崎くんは自分のことを棚にあげて「今その流れやったよね!?!?」と怒っていた。
吉田くんがチェキを渡している間にダニ様が抽選箱から半券を引いていたのだけれど、優しいダニ様は抽選箱から3枚半券を引いてしまい、宮崎&吉田に「ダニエルは優しいからな~」とフォローしながらもその中から1枚選ばせていた。
座席番号を言ったときに「チャララチャッチャチャー」みたいなちゃんとしたSEが入り、「俺たちのとき自分たちでいってたのに」とぶーたれる宮崎&吉田。
客席からチェキを受け取りに来たお客さんにハグをしてあげていて「すぐそういう事しないの!!」と怒られるダニ様。

同じ流れで宮崎くん→吉田くん→ダニ様がもう1回ずつ半券を引いたのだけれど、ラストのダニ様の時にダニ様が物凄い量の半券を引いて宮崎&吉田も相当爆笑していた。天丼天丼。
吉田くんに「何枚あるの?」と聞かれて「よくわかんないけど25枚!25枚!」と叫ぶ宮崎くん、適当かよ。
ダニ様が引いた半券を宮崎くんの両手の上に並べていたところあまりの量でこぼれてしまい、その半券を空中で吉田くんがキャッチしていて不思議の国のトランプ兵を思い出した(吉田くん、トランプキャッチするの得意だよね。)
最終的にはわけがわからなくなり宮崎くんの両手の上に半券、宮崎くんの両手の下に吉田くんの両手、それでもこぼれる半券、みたいなビジュアルの暴力みたいな空間が広がっていた。3人ともかわいかったな~。

以上、抽選会でした~!と宮崎くんがしめようとした後のジングルで吉田くんとダニ様がキメポーズを取り、ハブられる宮崎くん。
宮崎「いっつもそうやって2人でやらない?俺がシメて2人でなんか楽しんでるじゃんそうやって」
吉田「だってねー(ダニ様と首をかしげる)」
宮崎「だってねーじゃないから、仲悪いみたいじゃん」
吉田「仲いいじゃん」
宮崎「仲はいいけど!!!」
というやり取りをあざとくもないガチトーンでやっていて、やっぱりじわじわくる。ちゃんと3人で決めポーズをやり直していた、かわいいかわいい。

振り返りトーク

2015年の1月31日にデビューして丁度1周年なので思い出話をしましょう~というコーナー。
ディスカバリーシアターのあのウルトラ(略)スクリーンに過去の写真が流れて、それを踏まえてトークスタート。
映像とトークがかみ合ってないし、トークしてるのに写真はどんどん先にいくしで本当にすごいアットホーム100%感がすごくよかった。(くどいようだが褒めている。)

最初はジョイポリスの写真から、はじめての外部でいっぱいお客さんいたね~とはしゃぐ2人。しかし尋常じゃなく写真が見づらくて状況がわからなくて笑った。
コラボドリンクの写真が出て「あっこれステッカーもらえる奴だ!」「ここ来た人ー!?」みたいな流れ。
手を挙げた人に対して「えっじゃあステッカー冷蔵庫に貼ってる?」という意味不明な質問を飛ばす宮崎くん。会場キョトン。
「じゃあレンジ?」みたいな事をいっていて、宮崎くんの中ではステッカーは家電に貼るものという認識なのがわかった。多分おたくは大切に保管してると思う。
さらには「これはねー味はねーー緑だからメロンソーダ!!えっメロンソーダだった?」と客席に聞く吉田くん。客席からうんうん、といううなずきが入る。
吉田「だって緑でメロンソーダ以外なくない!?なんかある!?」
宮崎「……………メロンソーダ」
吉田「ほらーーー!!!」と理不尽な事を言い出していた。青リンゴとかも緑では。

次は2015年9月のイナズマロックフェスの模様。
いつも僕たち室内で踊ってるけど、はじめて野外でパフォーマンスやって青空の下の開放感がすごかった~凄い晴れてて気持ちがよかった~みたいな話。
宮崎&吉田がダニ様を隠している写真があって、ダニ様がしょぼくれており、これは理由があるんです!と動画が出る。ダニ様がテンション上がってカメラにむかってバタバタし続けるので仕方ないから2人で隠したんだよー!という弁明をしていた。
イナズマフェスはたくさんのお友達(ゆるキャラ)がいたんだよ~!!と突然ハイになる吉田くん。「この写真のRYUMAめっちゃ笑顔じゃん」と宮崎くんからもツッコミを食らっていた。
「いがグリオくんっていうのがいるんだけど、いがグリオくんにいがグリオくんがくっついてたの」という最高に語彙力の無い説明をしてくれた。多分いがグリオくん本人の腰にいがグリオくんのぬいぐるみがくっついていて、それが吉田くんのツボにはまってすっごい嬉しくてこんなに笑顔になっちゃいました!という話がしたかったんだと思う。
その後、3人でCジャンプの写真を撮ったんだけど全然合わなくてすっごい大変だったんだよ~という話。
吉田「ダニエルだけすっごい合うんだけど2人が全然合わなくて、8割はATSUTAKAだった」
宮崎「違うちがう、ちょっと運動音痴みたいな風にいうのやめてよ」
吉田「いやそうだった、ねえ」とダニ様に確認を取ると、怒ったフリのダニ様。
宮崎くんが8割がたずれてたのは自分だと認めてその話終わり。この2人、殺伐とした会話を淡々としたテンションで話すのがなんかよくない(よい)のではとこの辺りで気がつきはじめる。

最後に今回物販で販売したものの撮影風景だよ~というときに「マネージャーが撮ってくれて」といっていて、えっピューロってマネージャーいんの?やっぱここ事務所なの?と一瞬なった。ナンタラDはアイドルなんだな。
最初がディスカバリーシアターで撮った写真で、カメラマンさんの汗がやばかったみたいな話を吉田くんが再現しながら喋っていた。
次がレディキティハウスの中での写真。
吉田「俺とダニエルがくまちゃんのソファで遊んでたらね~(くまちゃんって言ってたのは忘れてない)」
宮崎「まーたそうやって2人だけでやる、なんで?なんでなんで?」
吉田「やきもちやきなんだよ!!!」
宮崎「だって寂しいもん!!!!!」
なんだこの成人男子2人…みたいな空気になっていたところで、ダニ様がキティちゃんの引き出しを漁っている写真が表示されて「ダニエルなにやってんのー!女の子の部屋でー!!!」というツッコミ。
その後、何故か一瞬だけ吉田くんが一転倒立をしている写真がスクリーンに映し出された後。
宮崎「見ました今の!今のは僕の携帯の待ち受けです!!」
客席「!?!?!?」
吉田「変えてよあれ」
宮崎「気に入ってるんだよあれ、色々あってあれを携帯の待ち受けにさせてもらってます」
客席「??????????」
以上、思い出話でした~!みたいな感じでコーナーが終わっていたのだけれど、会場の大半が待ちうけの話でキョトンとしていてとんでもない爆弾が落ちていったなあという感じだった。
これからも色んな活動していきたいね~皆さんの応援あってこそだからね~と言っていて、これからもナンタラDは続くんだなあと思ったらすごいほほえましい気持ちになった。是非ずっとやってくれ。

合鍵ガンマンと合鍵忍者

突然鎖音プロジェクトが再登場。絶妙に嫌な顔をする3人。「まあこの人達が出てきたってことは~じゃ!」と言って颯爽とはけていく3人。この関係性なんなんだろう。
マツさんが「そんなに都合のいい男だった?」と言っていて、ここってピューロランドだよなという気持ちになった、ちょっと忘れてた。
以前12月に鎖音プロジェクトがライブをやった時に「合鍵ガンマンと合鍵忍者」という曲でコラボをしたのの先行映像を流したのだけれど、まだフルを見せられてなくて、今日ついにここでやっちゃうよー!というお知らせ。
鎖音も着替えてくるので、NG映像集を見ながらお待ちください~と去っていった。
このNG映像集が死ぬほどかわいくて、もう鎖音さんたちが間違えるたびに「あああああ間違えたあああああ!!!」と叫んでいて、それに対して宮崎&吉田が冷ややかな笑いを浮かべていたのが中々に凄いテンションだった。このNG映像集を売ってくれ、たのむ、売ってくれ。

その後いよいよ本邦初公開!という事でコラボの「合鍵ガンマンと合鍵忍者」がスタート…と同時に、まさかの新衣装に絶叫する客席。
この衣装がめちゃくちゃかわいかった、死ぬほど可愛かった。紫と黒を中心にメンバーカラーを入れて、宮崎くんにスキニーをはかせたのも、吉田くんにふわっとした袖のシャツを着せて半ズボンをはかせたのも大正解すぎた。私の語彙力じゃ伝わらないのでここの写真を見て欲しい。(左から宮崎くん、ダニ様、吉田くん、鎖音さん)


現在ニコニコ動画に上がってる動画よりもはるかにダンスがなれたものになっていたし、表情もよかったし、何より衣装がかわいかったので是非この時にやった映像を配信してほしいな~~。お願いサンリオさん!!!
2枚目の~の時のムスっとした表情からの1枚目は~の時のバカみたいな笑顔の差が本当に素晴らしくてちょっと具合が悪くなった。
一番最後、ダニ様とマツさんが中央にいて宮崎くんと吉田くんが銃で相打ちになっちゃうみたいな振り付けがすごくよかった。(著しい語彙力の低下)
あと楽曲途中で宮崎くんの靴紐が解けたのだけれど、普通に曲中に結びなおしてて面白かった。そこで直しちゃうんだ。でもカウント数あってたし正解だったと思う。肝が座ってるなあ。
吉田「この振り付けどうだった?皆嫌いにならないでくださいねー」
宮崎「でもでも楽しかったよね!!」とやっぱり鎖音さんに対して謎の扱いが起きる。
新衣装作っちゃいました~いえーい!とノリノリの3人。ここで鎖音さんたちはハケ。

ヤキモチの答え

ラストスパートかな~\えー!!/というライブあるあるのくだり。
ここで突然吉田くんが「俺のやりたい事やっていいんだっけ?」とマイペースに何かを始めようとする。本当に自由度の高いライブだ。
「もっともっと盛り上がって欲しいからこーるあんどれすぽんすってやつをやりたい!(ひらがな表記に聞こえた)知ってる人ー?こっちがなんかいったら、わーって返してください!」という雑な説明。
吉田「コールアンド?」
客席\レスポーーーンス!!!/
吉田「まって!!!!!俺の段取りと違う!!!!!!!今のは最初はシーンとなって、じゃあもっかいやりましょうね~ってなって、それでもっかいわーってなって欲しかったの!!!」と突然客にダメ出しを始めるわがままボーイ吉田。そんな段取りは私たちは聞いていないけれどダニ様が「もう一回やっていいよ」との事なので、再度仕切りなおし。
吉田「コールアンド!?」
客席(シーーーーーーン)
吉田「こっちで!?!?」
吉田くん、もうどうして欲しいのかわからない、君の段取りがわからない。横で宮崎くん大爆笑。しかもこのネタは鎖音さんからパクったからスベったのは俺じゃなくて鎖音さんだから!!と笑顔で言い切っていた。とんでもない男だ。
そんなニコ動繋がりでこの曲ですよ~!と「ヤキモチの答え」を新衣装で披露。めちゃくちゃかわいかった。気になる人はこの記事の先頭に戻ろう。

be my lover(Pyroclastic)

突然新曲がぶっこまれていた。私は楽曲名がわからない洋楽音痴なのだけれど友達がこれじゃねって教えてくれて聞いてみたらあってたからこれだ思う。
新曲をブチこみました!と言っていたけれどまあ彼らの楽曲ではないので「新曲」という表現があってるのかどうかはいまひとつなんだけどパフォーマンス楽曲として新しく振り付けして持ちネタにした~というそんな感じ。
いつもの僕たちと違う感じでしょ~?といいながら息切れでぜえぜえしている2人。客席から「がんばれー!」という声が飛んでいた。がんばれ若者。

Everybody OK!?

なんと!次の曲が最後です!\えー!!!!/このやり取りはどこで何回やっても楽しい。
今日、僕たちは1周年です!なので特別な人をご紹介します!!と、スペシャルゲストを呼び込む流れ。いつも僕たちは3人で曲の振り付けを考えるんだけど、その時にいつも相談に乗ってくれる大切な人です!とAgさん登場。(元ピューロDEの方)
客席半分ギャー!半分キョトーン。私は「あっ多分はじめて生で観た!」という感じ。Agさんについての説明もまったくなくて「皆知ってるよね?」という感じなのが凄い面白かった。凄く細身ですらりとしていて綺麗な人だった~。
Agさんも一緒に持ち曲「Everybody OK!?」をやるけれど「皆いつもの例のあれできる?」と、やっぱり常連しかいない前提で話を進めてるのが妙にツボってしまった。
この時の吉田くんが「れーのあでだでー」と大分滑舌わるく言っていたのをいじられていて「ちょっと俺悪くいうのやめてくれない!」と怒っていた。結構自由なキャラだな吉田くん。
例のアレというのが手で「ワンズ」「ウィッシーズ」「ディー」のフリをしてね~というのと「Everybody?」と聞いたら「OK!」と返してね~という話だったんだけど、あまりにも吉田くんがボソボソ喋るものだから「もっと大きい声で言えよ!」とステージ上から突っ込み。「いくよ(ウルトライケボ)」と吉田くんが言った瞬間の客席の沸き方がやばかった。でも10秒くらいで諦めてて笑った。
吉田「1回練習させて~えびばーでぃー!?」
客席\おっけー!!!!!!/
吉田「OKじゃん…(超ご満悦)」
と、なんかもう吉田くんのテンションあがるポイントが大分行方不明だったけれど楽しそうだったからもういいや。
楽曲はそのままAgさんも参加した4人体制で行われていて、宮崎&吉田、ダニ&Agシンメという感じ。
コーレスもフリも覚えやすいし、すっごい楽しかった~!!!

最後の挨拶と告知

楽しかったね~!という事で鎖音さんも集合して1人ずつ挨拶の流れに。
鎖音のマツさんが喋り終わったあと、ミヤさんが喋ろうとしたら宮崎くんが「それでは!これにて!」と突然シメるので「おいおいおい」という空気に。吉田くんが「1人1人コメントもらおうよ~」というのでミヤさんとニナさんもちょこっとずつ挨拶。
挨拶が終わった後間髪入れずに宮崎くんが「大丈夫?もういい?」と言ってて一体何をそんなに急いでるのかが気になった。もう最後まで面白すぎる。
今回のライブをみてワンズのことを好きになったり気になったな~ってなったらサイト見てね!ニコ動みてね!Youtubeみてね!という宣伝の後に告知があります~という流れ。

告知は「2月21日にあるMAY'Sさんのライブにゲスト出演します」ということと「そこでコラボグッズを会場限定で売ります」ということと、「合鍵ガンマンと合鍵忍者がニコ動にアップされるから見てね!」ということ。
そして最後に一番大きいのが「5月3日にダニエルのバースデーライブやっちゃいまーーす!!」というお知らせ。客席大歓喜
その瞬間突然「ハッピバースデートゥーユー!」と客席大合唱が行われ、宮崎くんが「まだ1月だし!!!!!!」とキレ、それに対してダニ様がめそめそしていて、吉田くんが「えーーーー」とドン引き顔でダニ様をなぐさめる。なんだろうこの3人はこういうバランスでやってるんだろうか。宮崎くんのキレ芸すごい面白かった。ちなみに詳細は不明、会場もまだ不明。
吉田「今後も皆様を楽しませていけるようにがんばっていきますので、ぜひぜひ僕たちに会いにサンリオピューロランドに遊びに来てください!」と、行った瞬間に、そうだったここサンリオピューロランドじゃんという事を思い出した。完璧に忘れていた。
最後はいつものアレでしめちゃいましょーーー!と言って、やっぱり説明がないまま「We are one's wishes-D!!!」というコールで終了。
さくさくハケていく宮崎&吉田コンビに対して、ダニ様が最後までステージにとどまってひっこむ寸前まで客席に手を振っていたのがとってもかっこよかった~プレイボーイ!

終演後

なんのアナウンスもないのに突然電車ごっこをした3人が物販に出てきて去っていった。
流れとしては物販に出てきて「ブロマイドまだあまってんじゃーん!みんな買った!?」「あっこれ1人3セットまでしか買えないらしいよ」「だからあまってんのかーー」みたいなヤジをローテンションで飛ばした後に、再び電車ごっこで去っていった感じ。
段々ピューロの「いきなり出てきたらもうカメラを構えて撮るしかない」という事への態勢がついてきたのですかさず納めておいた。


感想

私は今回始めてone's wishes-Dがやるものに参加したのだけれど、全体通してパフォーマンスはクオリティ高いのにMCのゆるっゆる具合が中々にひどくて、それでもそれが段々癖になってきてしまうからやばいなと思った。
宮崎くんと吉田くんはダンスのジャンルというか表現手法のニュアンスが近いので、体型が全然違うのだけれどシンメ配置にするとすっごい栄えていた。ダニ様センター配置にしてこの2人のダンスパフォーマンスが観られるのは凄くいい。
ただ圧倒的に2人ともアドリブ力とトーク力が低くて、誰かMCを入れてあげて欲しかった。異常なまでに段取りに固執しててすごい面白かったけどもうちょっと柔軟性を持とう。
全体的に宮崎くんは言葉の引き出しは多いけど言葉選びが乱暴かつせっかちだし、吉田くんは引き出し無いからテンパるしマイペースすぎて何が言いたいのかわからなすぎて、なのにこれが成立しててかわいいのってとんでもない事だと思った。褒めてる、褒めてるから。
普段パレードやらショーだけ観ていると、そんなにDEが喋ってるところを聞くことはないのでこうやってゆるゆる~っとMCを聞けたのも楽しかったな~。
更に3日前に突然とんでもない量の告知が行われた物販も、売れ方が物凄く大盛況で大当たりだなという印象。ピューロ側もその事実をよくわかってくれただろうから、きっとこの先この2人は暫くピューロに離されないだろうな~と思ったのですごい安心感につながったというかなんというか。
多分この2人あと2、3年はピューロにいてくれるんだと思う。もうこうなったらガンガンお金落としてずっとピューロにいてもらうしかない。と思ったので新しい衣装のブロマイドもお布施として購入しておいた。
テーマパークは卒業制度があるからユニットを組んでいてもびくびくするよなあと思うんだけど、でもライブ中終始「これからも」「今後も」「この先も」みたいな単語をガンガン使っていて、明るい未来しか想像できないようになっていたのがとっても優しさを感じた。
5月のライブはどうなるかわからないけど、もしチケットが取れたらまた参加したいな~~。

もしサンリオの偉い人がこのブログ読んでたら、物販の告知は2週間以上前にあるとおたくがお金を落としやすくていいんじゃないかっていうのと、物販レジは4箇所くらいあると綺麗にまわるんじゃないかなという消費者の意見をお伝えしたい。
でもこれからも応援したいからずっとずっと活動してください。(必死)